秋田県環日本海交流推進協議会

連絡先


秋田県環日本海交流推進協議会規約

(名称)

第1条 この会は秋田県環日本海交流推進協議会と称する。(以下「本会」という。)

(目的)

第2条 本会は、「環日本海交流圏」の形成に向け、経済交流をはじめとした様々な分野での交流の一層の活発化を図るとともに、交流を支える基盤の整備を促進させることにより、本県を環日本海交流の拠点として発展させることを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
○ 経済交流をはじめとする環日本海地域を核とした東アジア地域との交流活動の促進に関する事業
○ 県内の港湾及び空港の利便性向上に関する事業
○ 東アジア地域との交流を支える人材育成事業
○ その他目的を達成するために必要な事業

(会員)

第4条 本会は、会の趣旨に賛同する者をもって組織する。

(役員)

第5条 本会に次の役員を置く。
 ○ 会  長 1名
 ○ 副会長 若干名
 ○ 監  事 2名
2  会長は、会員の互選によるものとする。
3  副会長及び監事は、会員のうち会長が指名する。
4  役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(役員の職務)

第6条 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
2  副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名した副会長がその職務を代理する。
3  監事は、本会の会計を監査する。

(構成)

第7条 本会は、総会、幹事会、懇話会、部会で構成する。
2  本会へは会員のほか、必要に応じて有識者や国の関係行政機関、隣県地方自治体等の参加を要請することができる。

(総会)

第8条 総会は、会長が召集し、議長をつとめる。
2  総会は、事業計画、予算、決算及びその他の重要事項について審議決定する。

(幹事会)

第9条 本会の運営及び総会の付議事項について協議調整するため、幹事会を置く。
2  幹事長及び幹事は、会長が指名する。

(懇話会)

第10条 本会の活動の方向性等について、有識者等から、意見や提案を聴取するため、懇話会を置くことができる。

(部会)

第11条 本会の個別の重要課題について、具体的活動方針を検討し、活動の主体となる部会を置くことができる。

(事務局)

第12条 本会の事務局は、秋田県産業労働部商業貿易課に置く。

(会計)

第13条 本会の経費は、会費及びその他の収入をもって充てる。
2  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
3  本会の会計は一般会計のほか、特別会計を設けることができる。
4  特別会計の補正については、第8条第2項の規定にかかわらず、幹事会によって審議決定することができる。
5  本会の会計の出納は、翌年度の5月31日をもって閉鎖する。

(委任)

第14条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項については、会長が定める。

附 則
1  この規約は、平成11年5月27日から施行する。
2  本会の設立当初の会計年度は、第13条第2項の規定にかかわらず、平成11年5月27日から平成12年3月31日までとする。

附 則
この規約は、平成12年5月16日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成12年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成14年5月20日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成14年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成16年5月27日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成16年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成18年5月25日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成18年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成20年6月9日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成20年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成22年5月21日から施行し、改正後の第12条の規定は、平成22年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成26年5月29日から施行し、改正後の第13条の規定は、平成26年4月1日から適用する。

附 則
この規約は、平成28年6月1日から施行し、改正後の第13条の規定は、平成28年6月1日から適用する。